愛煙家(580回)

へら浮子工房「茅春」の公式ブログ > 日記 > 愛煙家(580回)

愛煙家(580回)

2015年5月23日(土曜日) テーマ:日記

なかなか凝ったオーダー制作にためか仕事に時間がかかることがあります。
オリジナルのヘラウキなら問題ないけど、趣向を凝らしたものになると、都度図面を確認しながら進めるので結構手間が掛るのです。
そんなへら浮子たちも大詰めであと2~3日で発送できそう♪完成したらブログに画像を載せますのでお楽しみにしてくださいね♪

さて私は愛煙家で喫煙年数もベテランの域に達しています。お酒はほどほどだけど煙草だけは切らせられないなあ。
私の方の家系はタバコ吸いが多いのも特徴かな。お袋やオヤジ、姉までもヘビースモーカーなのだ。特に亡くなったお袋は小学校の高学年の時から煙草を吸ってたのだ!小さいころから祖母にキセルに火をつけてあげてたというのだ。祖母が小学生のお袋にに『火をつけておくれ♪』すると器用に煙草の葉をキセルに詰めて火をつけて渡していたってわけです。
お袋はいつのまにやら煙草の味を覚え火をつけるたびに一服してたらしく、そのうち学校で昼ご飯を食べた後煙草が吸いたくて昼休み学校を抜け出して家に帰り一服して戻ったという。
お袋は癌で亡くなる1か月前まで煙草を吸ってました。自宅で口に当ててる酸素を外しながら一服してる姿は私の記憶からは忘れ去ることは出来ないだろうなあ。
それにしても祖母のキセルのは参った♪小学生のお袋がキセルを咥えながら一服。この話をずいぶん前に叔母たちに聞いたときはさすがの茅春もあきれたものでした。うんうん

画像のジッポはかれこれ25年ほど昔の物です。散々使い込んだもので画像の前は蓋がとれて傷だらけでした。
材質はスターリングシルバー(純銀)で結構高いものです。純銀のジッポは蓋を閉めたときに良い音がします。普通のジッポはスチールで『カチャン!』と高い音がする。純銀の物は『カシュ!』と控えめな渋い音がするのだ。その音が好きでずっと愛用してる茅春です。
さて、壊れた蓋を何とか取り付けて使えるようにしたんだけどそれだけじゃ面白くないので、2000番の耐水ペーパーで細かい傷を消し鏡面仕上げにしました。オマケとして余ってた本漆の黒と青を塗って水研ぎし、仕上げでコンパウンド♪
綺麗な輝きを取り戻して使えるようになったジッポです。またしばらくは愛煙家の相棒として活躍してくれると思ってます♪へへへ



鏡面仕上げなので鏡のように映ってます♪



メールアドレス

関連記事

市谷亀岡八幡宮(702回)

市谷亀岡八幡宮(702回)

2016年10月 5日(水曜日)

2016秋冬制作(701回)

2016秋冬制作(701回)

2016年10月 2日(日曜日)

誤字脱字の700回(700回)

誤字脱字の700回(700回)

2016年9月30日(金曜日)

朝日新聞デジタル(699回)

朝日新聞デジタル(699回)

2016年9月28日(水曜日)

秋の長雨(698回)

秋の長雨(698回)

2016年9月22日(木曜日)